歯科では美しさも追及できる【歯の美しさを保つ施術】

審美歯科でホワイトニングやセラミックをしてもらおう

健康は美から生まれる

通常、病院で行なわれる治療とは病気を治すための施術を指しています。健康が担保されてこそ、美が追求できるのです。日本では歯科治療が発達してきているので、今度はホワイトニングなどの審美治療も注目されています。予備的な側面としてとらえられがちですが、美を追求して歯をメンテナンスすれば、健康にもつながるといえます。

こうやって歯は白くなる!ホワイトニングをする手順

治療器具

病院でカウンセリング

そもそもホワイトニングとはなにかといった疑問があれば、電話で相談することもできるので気軽にカウンセリングを受けましょう。カウンセリングを受ければ基本的な流れや料金を説明してくれるので効果も想像しやすくなります。

施術前日までにすること

注意点を守らなければホワイトニングの効果が得られません。タバコを吸っている人は施術前と後の24時間は喫煙しないようにしましょう。また、タバコのヤニと同じくポリフェノールを含む飲み物や果物、濃い味付けの食事も控えたほうがいいです。

クリーニング

自宅で行なうブラッシングにはクリーニングの度合いにも差が出てきてしまいます。そのため施術前にしっかりと歯科医院でクリーニングをしていきます。そもそもホワイトニングに耐えられるような口の状態なのかも、レントゲン検査などで調べます。

ホワイトニング

クリーニングが完了したら、高濃度の過酸化水素を使って施術をしていきます。過酸化水素を含んだ薬を歯の表面にしばらくおきます。その後に光を当てることで反応がおき、黄ばみが白くなるのです。オフィスホワイトニングでは早く白くなります。

水洗いして研磨

薬剤が残らないように、最後に歯や口内をしっかりと水洗いしていきます。医師が必ず効果をチェックしますので安心です。また、効果をもっと出すために歯の表面を磨いていくこともあります。術後の注意点もよく守りましょう。

歯科では美しさも追及できる【歯の美しさを保つ施術】

院内

クリーニングで歯を綺麗にする

歯に気を使っていれば、普段から健康でいることができます。審美歯科という言葉が浸透する前は見た目の治療にお金をかけるのはあまり良いことだと思われていませんでしたが、健康の面を考えるとやはり大事だといえます。審美治療の中でクリーニングはより健康面にも配慮するための施術といえるでしょう。

婦人

色が変わってしまった歯

ケアが行き届かず、歯を失ったり虫歯になってしまったりすることもあります。そんなときは歯が銀歯になってしまったり、黒ずんでしまったりするのですが、審美歯科ではクラウンという被せ物をすることで歯を白く治せるのです。セラミックでできた義歯や被せ物を使うので、見た目にも自然になります。

歯型

家でもできる

審美歯科施術の中で注目されているのがホワイトニングですが、ホワイトニングはオフィスホワイトニングだけでなく家で取り組めるものもあります。オフィスホワイトニングよりも効果が出る速度や持続性が低いですが、自分のペースでできるのが良い点です。

安心して受けられる

ホワイトニングやセラミックなどを使った施術ができる審美歯科ですが、もちろん安全性にも気を使って施術をしてくれます。見た目だけを追求することはないので安心してください。

広告募集中