かかりつけの歯医者さんをもとう!【子供の歯を守る鉄則】

二回しか生えてこない歯

怪我をしてしまっても傷は治りますが、歯はそうはいきません。一度欠けてしまった歯は二度ともとに戻らないのです。人間の歯は二回しか生えてきませんので、特に虫歯によって失われることは避けたいでしょう。

虫歯を予防するためにできること

男の人

歯ブラシ以外のデンタルケアグッズも使う

毎日の歯のケアにブラッシングをすることは基本ですが、それだけでは歯を隅々まで綺麗にはできません。6割ブラシで綺麗にしたら、デンタルフロスで歯の隙間を掃除しましょう。また、磨きにくい部分まで届くスポットブラシというものも歯科医院で買えます。

一日に二回はブラッシングする

最低でも就寝前に一度はブラッシングをして口の中が酸性にならないようにしなければなりません。虫歯は酸性の口内に繁殖するため、最低でも一日の内で二回歯ブラシをしなければならないのです。ブラッシングによってマッサージすれば歯周病予防にもなります。

フッ素配合の歯磨き粉を使う

歯の表面にはフッ素がついていますがこの力が弱まってしまうと虫歯が侵入しやすくなってしまいます。フッ素を歯の表面に定着させるためには、歯磨き粉にフッ素が含まれるものを使うのがコツといえます。

高齢者にありがちな虫歯を認識する

加齢は身体を変化させるものなので、若いころから歯が丈夫という人でも、高齢になっても虫歯にならないとは限りません。特に高齢になると根本に虫歯ができやすくなるので、歯茎と歯の境目を入念に磨く必要が出てきます。

定期的に歯科検診に行く

これをやっていれば歯は保てるという保証はできません。人それぞれ歯の状態は違うからです。そのため、自分の歯は大丈夫と過信せずに、歯科検診を定期的に受けましょう。半年に一度は通うと、虫歯の進行を未然に防げます。

痛いと思ったら遅い

虫歯ができると歯が痛くなるので、その時に病院に行く人が日本では多いです。しかし、神経に達していることが多いので、なんらかの症状が出てから病院に行っては遅いのです。定期的に病院に行くことが大事になってきます。

こんなとき歯医者に行った【みんなに聞いた理由ランキング】

治療器具
no.1

痛かった・腫れていたから

人は何か明らかな症状があったときに最も病院を利用します。慌てて病院に駆け込む人が多いので、手遅れになっていることもあります。歯周病が悪化しすぎてで抜歯をしなければならなくなったケースもよくあるのです。

no.2

ちょうどチェックの時期だったから

以前までは過去の治療箇所に不具合ができたからという人が多く、通院の原因の二位になっていたのですが、今ではクリーニングなど定期的な歯科通院が浸透してきているため通院の理由として増加してきています。矯正治療をしている人は通院が癖づいています。

no.3

治療箇所に不具合が出たから

差し歯や入れ歯は本物の歯よりも弱いので、欠けたり取れたりすることもあります。以前まではそういったトラブルも多かったので、それをきっかけに通院する人もいました。また、詰め物と相性が合わなくて、やり直してもらうこともあります。

[PR]
東郷町の歯医者を利用
虫歯を予防したい人必見の情報

歯医者をもっと利用しよう【通えば健康になる】

治療

子供の歯を守る

乳歯はどうせ生え変わるから、かかりつけの歯医者を特に持たなくても良いだろう、そう考えてしまうのは間違いです。スウェーデンでは歯が生える前から歯ブラシに慣れさせて工夫をしています。それほど子供の発育に歯科のケアは必要なのです。噛み合わせが悪いのではないかと心配ならかかりつけの歯医者に診せましょう。

院内

麻酔をしてくれる

子供の治療は工夫をしてくれるので、安心して治療を任せられます。子供にとって痛い治療はそれだけでストレスになってしまいます。
麻酔のことが心配という人もいますが、かかりつけの歯医者さんであれば、アレルギー体質のこともすべて把握しているので、より安全な施術が期待できるのです。

治療

大人はもっと大事

永久歯は抜けてしまうとそれで終わりですから、大人ほどかかりつけの歯医者を作ってケアに努めるべきです。もし重大な口腔の病気になったとしても、小さな病院の歯医者さんが治療してくれる病院を探してくれて紹介を頼めるため安心です。

[PR]
麻布十番で歯科医院を受診
歯の悩みをスピード解決☆

[PR]
鎌倉の歯科で虫歯を解消
優良クリニックをピックアップ☆

[PR]
加古川の歯科で歯を綺麗にする
痛みの少ない治療を心がけている

[PR]
名古屋駅近くの歯医者を探そう
治療を受けて美しい笑顔をゲット

広告募集中